おしらせです。
台湾グルメを堪能【台湾フェスティバルTOKYO2019】の魅力

台湾グルメを堪能【台湾フェスティバルTOKYO2019】の魅力

2019.6.21

どうも、今年も台湾旅行の予定があるんだけど、待ちきれない台湾大好き、そのまんま美川のボクナリ(@BOKUNARI)です。

今年で6回目になる『台湾フェスティバルTOKYO2019』が、6月20日(木)~23日(日)の4日間、上野恩賜公園 噴水広場で開催されていますもので出かけてきました。

台湾食文化で日台交流!日本最大の台湾イベント。物語は1畳のステージと1人1人の台湾愛から始まった…
taiwanfes.org

都内の人気台湾料理店や、台湾地方都市の名物ご当地料理の屋台が出店するので、台湾好きな方はもちろん、最近流行りのタピオカミルクティーなんかも本場の雰囲気で楽しめるはず!早速その魅力をレポートしていきましょう。

スポンサーリンク

500円ワンコインくらいから台湾グルメの”くいだおれ”できます

人気イベントなので、混雑回避のために平日の午後を狙ってお出かけしてきたのですが…激混みです。

ボクナリ
ボクナリ

友だちと一緒に出かける方が、料理をシェアできたり、順番待ちや席取りなどもスムーズなのでおすすめです

今回も男の一人暮らしが、単独行動でお出かけなので「ひとりでお出かけした場合の参考」にどうぞ。

マンゴービール|ビールだけどフルーツカクテルみたいなライトな味わい

マンゴービール|ビールだけどフルーツカクテルみたいなライトな味わい
マンゴービール 500円

梅雨時とはいっても、

暑いですからね、まずは台湾フェスティバルを楽しむためのスタートとしてライトにビールを。

アルコール度数は2.8%と低めなので、日本のアルコール飲料でいうところの「ほろ酔い」みたいな感じですね。

台湾に旅行した方にはおなじみの台湾ビールの中でも、フルーティーなマンゴーフレーバーは、女性の方やビールが苦くて得意じゃないという方にもおすすめですよ。フルーツカクテルのような味わいです。

三杯鶏飯|炒めて煮込んだ鶏肉にバジルの台湾家庭料理

三杯鶏飯|炒めて煮込んだ鶏肉にバジルの台湾家庭料理
三杯鶏飯(サンベージーハン) 800円

鶏肉を醤油・ごま油・紹興酒で炒めて煮込んだものに、バジルを添えて完成の三杯鶏サンベージーです。

個人的には日本人好みの味付けの一品だと思います。あまりクセがない一品ですので、刺激が好きな方には少し物足りないように感じるかもしれませんが、美味です!

ボクナリ
ボクナリ

ほんのりバジルが香るのがいい感じですよ

台湾フェスティバル R4ブース「大翔」|男の一人暮らしブログ
台湾フェスティバル R4ブース「大翔」

しっかり目の味付けのおかずとして台湾家庭料理でポピュラーに食べられている三杯鶏サンベージーですが、ご飯に乗っけて丼とするのも美味しくいただけます。

三杯鶏(サンベージー) 700円|台湾フェスティバルTOKYOに行ってきた
三杯鶏(サンベージー) 700円

台湾料理によく使われる「八角はっかく」が苦手という方でも召し上がっていただける一品です。バジルの香りがアクセントになって、ペロッと完食できてしまいます。

台湾刈包(角煮バーガー)|小腹を埋めるのにぴったりファストフード

台湾刈包(角煮バーガー)|小腹を埋めるのにぴったりファストフード
台湾割包(角煮バーガー) 600円

胃袋に余裕がある方や小腹が空いたときに召し上がっていただきたいのが「台湾割包(角煮バーガー)」。

長崎産のダシ醤油でじっくりと煮込んだ豚角煮はとろけるような柔らかさが特徴です。自家製のバンズとの相性も抜群で、化学調味料不使用なのも嬉しいポイントですね。

台湾割包 eatjoy&小籠包 R16ブース|台湾フェスティバル食べ歩き
台湾割包 eatjoy&小籠包 R16ブース

角煮とパリパリ食感のかた焼きそばとレタスを包んだものが「角煮バーガー」ですが、シンプルに角煮をバンズで包んだだけの「角煮まんじゅう(500円)」もあります。

マンゴーかき氷|会場で一番盛りが良いのはどこだ!?

台湾フェスティバルのマンゴーかき氷|会場で一番盛りが良いのはどこだ!?
マンゴーかき氷 700円

正直ここまでで、お腹ポ~ンポンでしたけど「デザートは別腹」です。

台湾フェスティバルではあちこちのお店で競うように提供されている「マンゴーかき氷」。
どのお店が一番マンゴー大盛りか…他のお客さんが買ってくるの観察してました。

台湾カフェZen R12ブース|台湾フェスティバルのマンゴーかき氷を食べ比べ
台湾カフェZen R12ブース

会場のステージ横に出店している『台湾カフェZen』で買ってるお客さんが手にしてるマンゴーかき氷が一番大盛りっぽい感じでしたので購入。

こちらは、マンゴー果汁の入った氷を、フワフワに仕立てているのでゆっくり食べても味が薄まらないのが嬉しいですよ。氷よりも大盛りなのが、台湾産のアップルマンゴー。心ゆくまでマンゴーの甘酸っぱい味を堪能できちゃいますね。

テーブル席もあります|ステージパフォーマンスも開催

テーブル席も用意されているので、食べ歩きに困りません|男の一人暮らしブログ
空席見つけるの大変です…

毎年恒例の人気イベントなので、用意されているテーブル席に空席を見つけるのに苦労するかもしれません。

上野公園ですので、ちょっと場所を移してベンチや噴水の周りの飲食OKなスペースに腰掛けて食べるのもよいでしょう。

もし、会場スペース内でじっくり台湾グルメを楽しみたい方は、ステージ前に有料席のコーナーもあるので利用してみても良いかもしれませんよ。

週末は終日、様々なアーティストのステージパフォーマンスなども予定されていて1日中楽しめそうです。

イベント情報|台湾フェスティバルTOKYO2019

開催日時2019年6月20日(木)~23日(日)10:00~21:00
*最終日は19:00まで
場所上野恩賜公園 噴水広場

こうした台湾グルメから、実際に台湾に旅しているような気分になれるのも楽しい時間の過ごし方ですね。

終わりに|都内で感じる台湾ムード!

台湾グルメの祭典というくらい、様々なお店が出店しているので、気になった台湾グルメをチョイスするのもいいし、同じ料理を店ごとに食べ比べるのも面白いかもしれませんね。

ボクナリ
ボクナリ

そして、やっぱり誰かと一緒に出かける方がいろいろ食べれて良いです

都内で感じる台湾ムード!台湾フェスティバルで食べ歩き|男の一人暮らしブログ
都内で感じる台湾ムード!台湾フェスティバルで食べ歩き|男の一人暮らしブログ
都内で感じる台湾ムード!台湾フェスティバルで食べ歩き|男の一人暮らしブログ

会場いっぱいに30店くらいは出店してますので、一度にすべてのお店を食べ尽くすのはちょっと難しそうです。

都内で感じる台湾ムード!台湾フェスティバルで食べ歩き|男の一人暮らしブログ
次の人のためにマナーを守って楽しもう

現地台湾を訪れても感じるのが、次の人のためにマナーを守るということ。混雑する会場ですが、テーブルも綺麗に使いたいものですね。

日本にいながらにして、台湾に訪れたような気分にさせてくれる「台湾フェスティバル」、ぜひ皆さんもお出かけになって台湾の雰囲気を感じてみてください。

実際に台湾を旅した時の様子や情報もブログに書いているので、ご覧になってみてください。

最近注目されている台湾南部の雰囲気が好きで、年に1度は訪れています。台北から日帰りもできるので、台湾旅行に行かれる際は少し足を延ばしてみてはいかが?台南のおすす…
bokunari.com